株式会社FUJI

会社案内 Company Profile

代表挨拶

株式会社FUJI 代表取締役社長 石川 靖男 株式会社FUJI代表取締役社長 石川 靖男
「北海道の"おいしい"をつなぐ」、これが我が社のコーポレートメッセージです。
私どもが本社を構えます北海道と言いますと、多くの皆様が「大自然」「食の宝庫」としてのイメージを持たれると思います。

実際、多くのメディアで北海道の食にまつわる特集が組まれたり、商品の紹介もされております。 ですが、実際に北海道の食に携わっている者としては、まだまだその魅力が伝わりきっていないというのが実感です。
私どもがお取引させていただいております北海道のメーカー・生産者様の下には、まだまだ多くの優れた食があり、その魅力を余すことなく発信していく、「北海道の"おいしい"をつなぐ」ことが、私どもの責務であると感じております。

食の魅力を伝えていくうえで大切にしていることは、メーカー・生産者様のもとに通うことで知り得るこだわりや想いなど、その商品のストーリーを含めて、お客様に情報を提供していくことです。

これから世の中がどんなに変化しても、メーカー・生産者様とのつながりを大切にする気持ちは今後も変わりません。私どもが足を運んで、魅力を発信する、この行動を続けていきたい、そう願っています。

地道に実績を積み上げた弊社 50年の歴史は、私どもの財産です。
今後も北海道に育てられた企業として地域経済に貢献しながら、私どもの「北海道の"おいしい"をつなぐ」をこれまで以上に広め、お客様に想像以上の満足を提案出来るよう、全社員一丸となって取り組んでまいります。
これからも株式会社FUJIをどうぞよろしくお願い申し上げます。

経営理念

「最も強いものが生き残るのではなく環境に対応し最も変化し続けるものが生き残る」

進化論を唱えたダーウィンは、この世に生き残る生き物は最も力の強いものか、そうではない、最も頭のいいものか、そうでもない、それは変化に対応できる生き物だという考えを示したと言われています。
その考え方と同様に、企業は常に市場の変化に対応しながら次のビジネスモデルを構築し続けていく必要があると考えます。

FUJIが目指し担っている大きな役割は、販売店様の「欲しい!探している!」と生産者・メーカー様の「広めたい!伸ばしたい!」を双方向に相談・代行し、具現化を図りつつ北海道を元気にする影のプロフェッショナルカンパニーです。 FUJIが目指し担っている大きな役割は、販売店様の「欲しい!探している!」と生産者・メーカー様の「広めたい!伸ばしたい!」を双方向に相談・代行し、具現化を図りつつ北海道を元気にする影のプロフェッショナルカンパニーです。 FUJIが目指し担っている大きな役割は、販売店様の「欲しい!探している!」と生産者・メーカー様の「広めたい!伸ばしたい!」を双方向に相談・代行し、具現化を図りつつ北海道を元気にする影のプロフェッショナルカンパニーです。

会社概要

所在地
  • 本社:北海道札幌市清田区真栄408番地2
  • 東京オフィス:東京都台東区寿1丁目11番6号 SMKビル403
設立
1972年11月
資本金
1億円
代表取締役会長
石川 宏
代表取締役社長
石川 靖男
従業員数
57名(男性 34名、女性23名)
事業内容
北海道物産の商品企画、販売、ギフト商品の物流・卸売
グループ会社
  1. 株式会社アステック
  2. ニイイチ販売株式会社
  3. MMCフードサービス株式会社
  4. 株式会社創夢
  5. 株式会社モロコバー
  6. 協同組合ニイイチ物流センター
  7. 納瑪藍ナマラン(上海)実業発展有限公司
  8. 株式会社ユーリカ

沿革

アクセスマップ

北海道
  • 株式会社FUJI 本社
  • (協)ニイイチ物流センター
〒004-0839
北海道札幌市清田区真栄408番地2
  • 北海道物産ギャラリー「北のPASSAGE」
〒061-1274
北海道北広島市大曲工業団地5丁目2番地5
協同組合ニイイチ物流大曲センター内
東京
  • 東京オフィス
〒111-0042
東京都台東区寿1丁目11番6号 SMKビル403
ページ上部へ戻る