23年のお付き合いに、感謝、涙

私が、自らの腎臓病(透析も含む)体験を糧に、腎臓病の自己管理アドバイスをはじめ、腎臓病用自己管理食品の販売を始めたのは、1985年でしたが、それから間もなく、糖尿性腎症により、ご相談のお電話をキッカケにお付き合いが始まった方がおられます。

このお方Tさんとは、かれこれ23年のお付き合いをいただいておりますが、今日もお電話をいただき、何と、23年の長きに及び、透析もすることなく元気でおられるとの事。

私より先輩ですが、今では、病気の兄が透析の弟(私)を気遣い、透析の弟が、兄が透析にならないように祈っているという関係なのです。

赤の他人でもこのように深い絆で結ばれるのですね。