私の使命を気づかせてくれた一通のハガキ