人工透析とは

人工透析とは

人工透析とは、腎臓の機能を、透析器を使って人工的に代替することを言います。

正式には「血液透析療法」と呼びますが、一般に人工透析、または透析と呼ばれることが多いようです。

 

腎臓は、老廃物を追い出したり、血液をつくったり、血圧を調整したり、体のバランスの調整、骨を強くする作用など、非常に重要な器官です。

この機能が低下すると「腎不全」の状態となり、血液が汚れて様々な体調不良につながります。

 

これが悪い方に進行していくと、尿毒症を引き起こし、

貧血やむくみ、疲れ、倦怠感、頭痛などを伴い、命の危険さえも起きてきます。

尿毒症を防ぐために行う人工透析

尿毒症にならないように、血液をきれいにするために行われるのが人工透析。saitou-touseki

この写真にあるように、チューブをつなぎ、機械で血液を浄化し、そしてそれをまた体に戻す作業を行います。

一般的には、週三回、それぞれ半日、この透析を行わないと、生きることができなくなってしまいます。

また、人工透析になると、水分摂取、食事、生活習慣の多くが制限をうけて、一般的な健康で自由な生活を送ることが困難になります。

後悔しても、遅くなってしまう

文字通り、「あの時、こうしていれば」と思っても、一度、尿毒症が進行し、透析になってしまうと、腎臓移植以外に手が無くなります。

例えば、転んでできた傷など、少々の怪我などであれば、現代の治療では傷跡も残らず、きれいに元通りにすることができます。

ところが、腎臓は壊れた部分が再生しない器官なのです。

透析をするか、腎臓移植をするか、このどちらかになってしまうのです。腎臓移植は、適切なドナー探しや手術の負担など、様々なリスクが多いため、そう簡単に行かないことが多くあります。

そうすると、必然的に「人工透析」の路を選ばざるを得なくなるのです。

 

だからこそ、富士ヘルスは、「あなたを後悔させたくない」のです。

「一人でも多くの方を、透析にさせたくない」のです。

 

それでも、多くの方が透析になっている現実があります。なぜそうなってしまうのか?

ある日突然に・・・人工透析の入り口

 

 

更新日:

Copyright© 富士ヘルス , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.